本文へジャンプ

機関紙 KAWA-RA版 労務管理や社会保険に関する話題の情報を、タイムリーにお届けする当事務所オリジナルの機関紙です。

第45号 平成22年5月1日

未払い残業請求が急増しています。その残業はサービス残業になっていませんか?

『時間外労働』についての最新の記事があります。

関連記事をヨム
(ブラックバイトで代表的問題である「労働時間」の再確認)

近年、残業代の未払いなどで、従業員に労基署等に駆け込まれる企業がますます増えてきています。加えて、最近では一部の弁護士等が、残業代請求の権利のあることをアピールし請求を促す広告を出したり、HPの専用サイトを立ち上げはじめています。労務問題の中でも、場合によっては企業の存続にも影響を及ぼしかねない残業代未払いの請求を、従業員から受ける企業の急増が予想されます。

さらに本年4月には、過重労働の抑制に向け、残業時間の長さに応じて残業代割増率を引き上げる改正労働基準法が施行され、月60時間を超えた部分の時間外手当の割増率が50%以上になったことから(当面は大企業のみ)未払いがあった場合の請求額は、より高額になります。

企業側にこれらに対応できる知識とノウハウがない場合、より深刻な事態を招くリスクが高まっていくことになります。残業代未払い問題は訴えられてからでは遅いのです。

企業は、請求された場合のリスクを正確に把握し、対応策をとることが急務です。

実務対応のポイント
  1. 現行制度の問題点の洗い出しとリスクの把握
  2. 変形労働時間制、裁量労働制など法律で認められている制度の活用
  3. 労働時間短縮への取り組み
  4. 万が一訴訟に備えての、規程、通知書、業務指示書など書類の整備
未払い残業代の試算

例:月給:300,000円 月所定労働時間:170時間

  • 毎月20時間残業をしていたが2年間、残業代が支払われていなかった場合
    残業単価:2,206円 (300,000/170×1.25)
    2年間の未払い残業代:2,206円×20H×24ヵ月=1,058,880円
  • 従業員数 20人全員に残業代を支払っていない場合(月給の平均が30万円として)
    未払い残業代:約21,000,000万円
残業代未払いリスクQ.10チェック

※ご質問や、詳しい説明が聞きたいなどのご要望がございましたら、川口社会保険労務士法人アウトソーシング部担当者または労務相談部までお問い合わせ下さい。

ページ先頭に戻る

機関紙 KAWA-RA版

社会保険労務士法人ご案内
東京事務所
〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-2-1
東京リアル宝町ビル5F
TEL:03-3551-6311
FAX:03-3551-6312
横浜事務所
〒231-0005
神奈川県横浜市中区本町2-15
横浜大同生命ビル2F
TEL:045-210-9260
FAX:045-210-9261

ISMS BS7799認証SRC 認証番号080473

川口社会保険労務士法人の連絡先がご覧になれます